ほんとに時々、旅をする40代。

2017年8月にウラジオストクに旅したことをきっかけに、このサイトを立ち上げました。

​もう少し詳しく

 

​自己紹介
Search by Tags

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com

Please reload

どこに行こうか

旅の話

旅の記録とお話。

September 1, 2018

なんとなく今回の旅はスムーズにいかないと思っていた。

まずシェムリアップへの旅のいきさつはこうだった。

テレビを観て、ラオスに世界遺産の街ルアンパバーンがあることを知り、夏に行くことを決めて早々の3月に航空機のチケットを取った。しかし5月になって、8月にその路線がなくなることが航空会社から連絡が入り、日にち変更か、路線変更か、キャンセルの三択を迫られた。日にち変更というのは、夏に路線がなくなるわけで、そのもっと前にルアンパバーンへ飛べということである。今回6日間の旅の予定だった。そんな長い休みをサラリーマンが簡単に変更できるわけもなく、...

September 30, 2017

平戸の港の周辺は飲食店が並んでいます(ちゃんぽん屋など気になる店もありましたよ。)が、昼から夜への通し営業のお店は少ないような気がしました。

そこでたまたま空いていたお店に入りましたが、とてもおいしかったのでご紹介。

大渡長者(おわたりちょうじゃ)

喫茶店のような外観で入るのにちょっと躊躇するようなレトロ感じです。

が、下の写真のメニューがとてもおいしかった!

オムライスの中身がパスタになってます。名前を忘れてしまったのですが、メニューをみればすぐわかると思います。

この中身のドミグラスソースベースの細目のパスタが絶品で、外の卵と絡めて食べると...

September 30, 2017

的山大島は、長崎県平戸からフェリーで40分程にある離島です。

何往復かありますので日帰り観光も十分にできます。

棚田の広がるとても美しい島です。

特に娯楽施設もなく、飲食店もほとんどないような感じでしたので、お泊りの際は、宿の方に事前に情報を聞いた方がいいかと思います。

また日帰りの方はお弁当や飲み物をもって、眺めのいいところまでいってピクニックするのがお勧めです。

路線バスなどはあるのかわかりませんでした。

港で電動自転車が借りられますが、台数は少なめでしたので、事前予約の方が安心かもしれません。

情報は、平戸の情報サイトなどに載っていますので...

September 9, 2017

カフェテリア方式の食堂をロシアではスタローバヤというのですが、このお店に入ってみるかと覗くとスタローバヤであることが多かった。中を覗いて、長いカウンターがあって、食べ物が並んでいたらたぶんそうでしょう。

ここは、言葉ができなくても指さし方式で注文できるので、観光客には使い勝手の良いところです。

あたためるとか、特別に調理の必要なものなら言葉が必要ですが、まー自信がなければ指さしだけでも食べられるものがいっぱいありますので安心してください。だいたい温めが必要だなと思うものは何か言ってくるのでとりあえず頷いてみると温めてくれました。笑。

指さ...

September 9, 2017

こちらは、ウラジオストク.comの宮本さんから教えていただいた情報なのですが、シベリヤ鉄道という意味は2つあります。

1、ウラジオストクからモスクワまで行く寝台車使用のいわゆるシベリヤ鉄道。

2、シベリヤ鉄道の路線を走る近郊列車。

日本でシベリヤ鉄道に乗りたいといえば、大抵は1の寝台車のことを言われる方が多いかと思います。

私もごたぶんにもれず、この寝台車に乗るのが夢でした。

ウラジオストクから一番近い駅まで寝台車に乗るか、はたまた一番近い駅からウラジオストクに向かうか考えていましたが、通常は、夜発着しかないようでした。

日程の短い私達の旅では...

September 2, 2017

私はテレビ番組が大好きです。

なので海外に行ったときは言葉がわからなくてもホテルについたらまずテレビを付けます。

インドでは夜が明ける前の朝早い時間から宗教番組が始まります。

それも生放送で、おそらくどこかの偉いお坊さんがお経をあげているところをずっと流し続けます。

お坊さんがやってくる前にすごい数の信者が集まってくるところから放映がされていました。

それからフィンランドにいったときは、催眠術にかけられた人が色々なことをさせられているところが映り、そのあとクイズ番組になり、自分が何をしたかを当てるというなんだか不思議なクイズ番組がありました。...

September 2, 2017

ウラジオストクの空港の両替所は17時にしまるとネット情報を得ていました。

私達の飛行機は19時過ぎ到着の予定なので空港の両替所は利用できず、残る選択枠は成田空港での両替か、ロシアに入ってからATM利用の2つ。

一番はATMでのキャッシングがレートがいいとのネット情報でしたが、ロシア国内でクレジットカードが使えなかったという幾つかの情報もあったので、とりあえず安全策として、まずは成田空港で必要最低限替えていくことに。

出国審査前に両替しようと、成田空港内の両替所をいくつか見たのですが、なぜだかルーブルに両替できるところが見つからず・・

ロシア...

August 26, 2017

ロシアのトイレは有料です。

空港やレストランは無料ですが、列車駅やバスターミナル、市場などは有料でした。

入り口にカウンターがあり、そこに年配の女性が座っていて料金が表示されているので、その金額を払います。

おそらくそういうところはおつりなんてもらえないと思うので、小銭を用意していた方が無難と思います。(だいたいお皿のようなものおいてあるので、そこに小銭を放り込む形になります。)

ちなみに料金は、アルチョームのバスターミナルが10ルーブル、ウスリースクのバスターミナルが15ルーブル、ウスリースクの電車の駅が20ルーブルでした。

おそらく都会に...

August 16, 2017

ウラジオストクの町は起伏が多いです。

そのため、ホテルの場所を間違うと、大変なことになります。

今回、私達が2日目以降に泊まったブッセミニホテルは、なんとものすごい山の上にあるだけでなく、その坂が異常なほどの急斜面です。

雪はおろか、雨が降っただけでも滑り落ちてしまうのではないだろうかと思えるほどの急坂が続いた先にホテルはあります。

ホテル予約サイトでは眺めが良いと書いてあったりしたのですが、それは部屋によるようで、私達の泊まった部屋はただ宿の外に並ぶ他の家が見えただけです。

しかし、またこれも面白い経験であり、旅先ではつい食べ過ぎるので運動...

August 16, 2017

ロシアで使えるクレジットカードはVISAであり、JCBは使えない。

または、米露関係の悪化で、VISAは使えず、JCBは使えるところが増えている。

など、ネット上では正反対の情報がのっていました。

実際、私が試してみたところ。

ロシアのサイトでは、JCBを使えるところが少ないです。

使えるのはVISA、マスター、それからペイパルというやつも使えます。

しかし、VISAであっても使えないことがあります。

今回、その理由をおそらくですが、導き出しました。

それは、その自分の持っているクレジットカードが、

会費を払っているカードなのか、会費無料のカードなの...

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now